スポンサーサイト

  • 2008.12.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


良質音楽探求家

前回くるりの事を書いて以来、日本のアーティストを意識して聴くようになりました。

と言っても、もともと洋楽をメインに聴いてたからあまり邦楽には詳しくないですが…。
そんな自分が知ってる、数少ない好きなアーティストがこちらの方々。

セカイイチ「虹」


歌詞とメロディが心にじーんと響きます。
初期は声がもっとハナレグミに似てたけど、渇いた感じは今も変わらないので好きです。

こうやって聴く音楽も定まらずフラフラしてる自分ですが、雑食なほうが色んな音楽と出会えていい。
いいアーティストをみつけたときは、何とも言えない満足感でいっぱいになります。

あの感覚が自分の音楽探究心を駆り立てる。

だから今日も、いい音楽を求めて旅を続けるわけです。

人気ブログランキングへ探求家の情熱の源となりますので、クリック頂けると光栄です。

ジョゼと虎と魚たち

世界で一番好きなアーティストは?

と聞かれたら、自分は迷わず「くるり」を挙げる。

洋楽のことばっかり書いてるくせに、実はくるりがNO1です。

アルバム毎に違った顔を見せますが、どれも最高です。
どのアルバムも飽きることなくずっと聴いてます。

そして、そんなくるりの曲の中でも神と思えるのがこれです。

「ジョゼと虎と魚たち」のサントラを担当したくるりさん。
そのなかでも際立ってたのがシングルでもリリースされた「ハイウェイ」

切ない詩に淡々とした明るいメロディが何故か心地よいです。
これも以前PVを貼ってたけど、観れないみたいなのでもう一度。


これを聴くと、どこかふらっと旅に出たくなります。
実際に何度か車で当ても無く彷徨ったことがあります^^

他にも「東京」「ばらの花」「HOW TO GO」「ワンダーフォーゲル」などなど
くるりはホント素晴らしい曲ばかりです。

辛いときも何度となく助けてもらいました。
最早、くるりなしでは生きて生けないくらい、自分の中では特別な存在です。
これからも一生聴き続けるでしょう。

年末で時間もできるし、またくるりを聴きながらふらっと行きたい気分です♪


人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします^^

レーベル買い

以前紹介したロンドンの5ピースThe Ruling Class

シングル曲の「Flowers」の動画を見つけたので貼っときます♪


でもこれ動画ではないですね…。

ストーン・ローゼズやシャーラタンズが好きな人は気に入るんじゃないでしょうか?
確かホントにシャーラタンズのツアーにサポートで廻ってたはず。

イアン・ブラウンを意識した歌い方で声も似てる。

このシングルはファンダンゴからリリースされて既にソールドアウト。

FLOWERS / IF YOU WONDER (7" Limited Edition)

しかし、さすがファンダンゴですね。

UK新人バンドの登竜門と言われるレーベルだけあって、いいアーティストを抑えてる。

僕もここから出る7インチは試聴せずに買ったりします。

それくらい信頼できるレーベルです。

人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします^^

室井佑月

クリスマスまであと一週間となりました。

街を歩けば色とりどりのイルミネーション合戦。

店のウィンドウはクリスマスモード全開系。

サンタがピザを配達してる。

とくダネでは小倉さんが旬なクリスマスのCDを紹介してた。

なので自分も小倉さんに負けじと、クリスマスっぽいのを1曲。

クリスマスとは全く関係ないけど…。

ノルウェーの天才シンガーソングライター SONDRE LERCHE

1STアルバム「FACED DOWN」より。


女性シンガーlillian samdalをフィーチャーした陽気なメロディに、
ソンドレの気だるいVOがマッチした脱力系ポップソング

「MODERN NATURE」


アグレッシブに過ごしたい方、まったり過ごしたい方どちらにも対応した、
万能型クリスマスソング^^

でもクリスマスとは全く関係ありません…。

人気ブログランキングへ 応援プッシュお願いします^^

2大音楽誌アルバムランキング

英、米2大音楽誌も今年のベストアルバムを発表した。

以下に載せときますので、まだチェックされてない方はご覧あれ^^

ビルボード誌2008年ベストアルバム

1.Fleet Foxes『Fleet Foxes』
2.サントゴールド『Santogold』
3.Bon Iver『For Emma, Forever Ago』
4.ヴァンパイア・ウィークエンド『Vampire Weekend』
5.エルボー『The Seldom Seen Kid』
6.ティービー・オン・ザ・レディオ『Dear Science』
 コールドプレイ『Viva La Vida Or Death And All His Friends』
7.ニック・ケイヴ『Dig, Lazarus, Dig!!!』
8.メタリカ『Death Magnetic』
9.アデル『19』
 ダフィー『Rockferry』
10.リル・ウェイン『The Carter III』
 MGMT『Oracular Spectacular』

どうでしょう??

「あのアーティストが入ってない!」なんて言ったらキリがないけど、

やっぱ言っちゃいますよね(笑)

とりあえず、私はデスキャブをトップ10に入れないのはどうかなと。

まだまだ言いたいとこを、ぐぐっと堪えて次へ。

こちらは英NME誌の2008年ベストアルバム

1.MGMT『Oracular Spectacular』
2.ティービー・オン・ザ・レディオ『Dear Science』
3.グラスヴェガス『Glasvegas』
4.ヴァンパイア・ウィークエンド『Vampire Weekend』
5.フォールズ『Antidotes』
6.メトロノミー『Nights Out』
7.サントゴールド『Santogold』
8.ミステリー・ジェッツ『Twenty One』
9.キングス・オブ・レオン『Only By The Night』
10.フレンドリー・ファイアーズ『Friendly Fires』

ミステリー・ジェッツが入ってる^^

クークスとかケイジャンも入ると思ってたらハズレた…。

因みにスピ20位、オアシス22位、ヴァーヴ26位とベテラン達は

20位に集中させられた。

どちらにも共通して言えるのは、

1位はセールス的にいま一つだったという事。

しかし音楽シーンに与えた衝撃度はどちらも高かった。

大御所のランクインが少ないのも、やっぱその年のランキング

ということで、フレッシュ度を重視したんでしょうか、
新人のランクインが多い。

とまぁ、何やかんやで面白い時期になってきました☆

みなさんも今年を振り返る意味で、ランキングを考えてみては
いかがでしょう?

音楽だけじゃなくて、映画とか本とか食べ物とか。

以外な発見があるかも^^

人気ブログランキングへ 応援ポチクリお願いします^^

ダンディ

我らがthe viewが帰ってくる。

およそ2年振りとなる2nd「Which Bitch?」は
国内盤で、年明け2月にリリース。

プロデュースは前作同様、オーウェン・モリス。



先行シングルの疾走感あるキャッチーなロック・ナンバー5 Rebecca's
の出来栄えからアルバムにも期待が高まる。



人気ブログランキングへ 応援ポチッとお願いします^^

GET FREE!!

今年、一番楽しみだったアルバムといえば・・・。

The Vinesの4th「MELODIA」


やや後発だったが、ストロークス、リバ、ハイブスと並び、ガレージロック・リヴァイヴァルの中心的存在だった彼らは、激しくシャウトするvoと美しいメロディからか、ニルヴァーナミーツビートルズと言われてました。

名曲揃いの1stで自分が一番印象的だった曲はこれ。
聴いて、ビートルズのホワイトアルバムを思い出しました。

「HOMESICK」


クレイグ・ニコルズ(vo/g)がアスペルガー症候群と診断されたのは2nd「Winning Days」リリース後。

以前からライブでのクレイグによるギターや機材破壊は日常茶飯事だったが、
これによりその原因が明らかとなる。

来日公演もめちゃくちゃで「クレイグ乱心」なんて記事も出てました。

その後、クレイグに不信感を募らせていたベースのパトリック・マシューズが脱退。

一番かわいそうだったのはDrのヘイミッシュですね。
クレイグにギター投げつけられたり、ドラムセット破壊されたり…。

そんな困難を乗り越え3ピースでリリースされた3rd「Vision Valley」
ここからも1曲。

クレイグ十八番の牧歌的なヴァースとシャウトするコーラス部の対比がいかにも
ヴァインズらしいです。
「Don't Listen To The Radio」


そして、新ベーシストを迎えリリースされた今作は、良い意味でヴァインズが変わったと思える作品でした。

サウンド面というより、曲に精神力というか、迷いのなさを感じました。

「He's A Rocker」


とまぁ、かなり駆け足でヴァインズの足跡を辿ってきましたが、
今年はこの一枚だけでも満足でした。

他にもたくさんいいのあるけど…。

しかし、ヴァインズ屈指の基地外ソングOuttathaway もジャスティン・ティンバーレイクのSexy Backとミックスすると、こんなになっちゃいます。


これはこれでかっこいい。。。

人気ブログランキングへ ポチッとして頂けると嬉しいです^^

カツオ好き

日曜が終わり、また明日から仕事という方も多いでしょう。

サザエさん症候群とまではいかなくとも、

ちょっぴり憂鬱になってしまうときもありますよね。

そんなときによく聴くのがこれ。

米テキサス州で95年に結成されたバンド
American Analog Set


これは4thアルバムにあたる「KNOW BY HEART」

「PUNK AS FUCK」


彼らの持ち味であるローファイさと洗練されたクリアなサウンドが、
淡々とした一定のペースで繰り広げられる。

エレクトロニカやポスト・ロック、イージー・リスニングといった特定のカテゴリー
に属さないエクレクティックなバンドと思います。

そしてセンスいいです。

憂鬱な夜だけじゃなく、色んな場面に対応できるグッド・アルバムですが、

個人的には休日の朝や、雨の日の車でとかも合う(笑)

人気ブログランキングへ ポチッとして頂けると嬉しいです^^




若干がんばってる人へ

今年も残り僅かですねぇ。

なんか年を取るごとに一年が短くなっていくような…。

そんなこんなで、そろそろ各誌で08年アルバムランキング
が発表される時期となりました☆

去年ここでも「音楽誌と被らない独自のランキング」をテーマに、
07年アルバム・ベスト50をやりましたが

「ベスト50って時点で某雑誌のパクリじゃん」

というお言葉を頂き、

「そのとおりぢゃん」

と、深く反省いたしました(・e・)

という訳で今年はシンプルに、ベスト10でいこうと思います☆

でも10位までだと絞り込むのが大変だ。

まぁ50位よりは楽だから若干がんばろう。

若干がんばる夜にピッタリの曲。

ニュージーランドの女性シンガー LISA CLOWREY

「Trying To Tonight」曲名がピッタリ。

LISA CLOWREY「Trying To Tonight」


寒い夜もこれを聴くと暖かくなります。
まったりしたい夜にピッタリです^^

ピッタリづくしのナイス・チューンです。

ついでに

The Icicles「Sugar Sweet」


これは天気のいい日に聴きたい陽気なサンシャイン・ポップ♪

さて、じゃあランキングの続きやろう!

 参加中です。クリック頂けると嬉しいです☆





キッズなレーベル

参加中です。クリックお願いします☆

一つ前のマイブーム

「部屋に眠ってるCDを久々に聴いてみよう」に続き、

「動画を貼れるようになる以前に紹介した、アーティストの動画を順に貼っていこう」

ブームがやってきました☆

そこで、以前紹介したASSEMBLY NOWの動画を見つけたのでペタっとしときます。

ASSEMBLY NOW「GRAPHS, MAPS AND TREES」


これはKIDS RECORDSから7インチでリリースされてる
シングルのA面曲です。

私はナンバリング入りの限定盤を持ってたりします。

と、自慢してみたりします。

KIDS RECORDS


ここはイギリスのインディ・レーベルで、主にギタポや
キレイな感じのポップスを扱ってます。

WOMBATSやBAND OF HORSESもここから7インチをリリース
してます。

そして、同じKIDS RECORDSから
新たに紹介するのがこのバンド。

LO-FI CULTURE SCENE

LO-FI CULTURE SCENE 「ABSTRACT」


若い!絶対若い!

全員、髪の毛がクルクルで、何か可愛さすら感じるほどです(笑)

最近アーティストの低年齢化が進んでますが、
このバンドはホント若そうです。

でもこのチュル毛率の高さはスゴイ!
KOOKS以上。

これはちょっと要チェックですね。

マイスペの彼らのアドレス貼っときますので、
チェックしてみて下さい^^

http://www.myspace.com/theloficulturescene

ついでに僕のマイスペのアドも貼っときますので、
マイスペされてる方、お友達になって下さい^^

myspace.com/eghrecords








calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
amazon
3ミリ
>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
キツネ・メゾン 6
キツネ・メゾン 6 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,エティエンヌ・ドゥ・クレシー・エ・ムッシュー・ジョー,ストリートライフ・ディージェイズ,A-トラック,ウイ・ハブ・バンド,ハーツレボリューション,グロブナー,デビッド・エ・シュガー,アパルーザ,ファントム,ザ・シューズ
recommend
フレンドリー・ファイアーズ
フレンドリー・ファイアーズ (JUGEMレビュー »)
フレンドリー・ファイアーズ
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM